憧れの会計士に転職する秘訣|資格が武器になる

建設現場での求人

男女

建設現場で重要なお仕事

施工管理とは、名前自体は少し知名度は低いですが、建設現場でとても重要な仕事になっています。もし、施工管理が怠っていると、工事の工期が延びたり、予算オーバーにも繋がってくるのです。施工管理とは主に建設現場の安全管理、工程管理、品質管理、原価管理を行う仕事です。しかし、ただ確認をするだけではなく、工事現場全てを把握し、作業員の指導、労務管理なども仕事の一部になります。ただただ現場でなにか作業をするだけの仕事ではないことを覚えておいてください。そのくらい工事現場において重要な仕事になり、責任を負うため、責任感が強く、順応性があり、コミュニケーション能力が高い人を採用者は求めています。大変な仕事になってくるので、精神面と体力面、どちらにも自信があることをアピールしていくことが大事になってきます。また、施工管理に採用されるためには、国家資格の電気工事施工管理技士、第一種電気工事管理士、工事担任者、消防設備甲種4類などの資格をとっておくと、採用に近づくことが出来ます。さらに過去に電話設備、LAN設備、インターホン設備、ITV設備など工事現場での経験があったりすると、採用に強みになるため、面接などではアピールしていくとよいでしょう。技術があることが大事な仕事なので、経験者を求めている場合が多いため、経験があるのはとても強みになってくると思います。未経験者でも募集している会社はあり、0から教えてくださるため、施工管理を目指している方も安心してください。