憧れの会計士に転職する秘訣|資格が武器になる

監査のプロになるには

女性

目指すための段階

公認会計士へ転職するには、実務経験と資格取得が必要になります。実務経験は、監査法人や会計を専門的に行う仕事に2年以上就いていなければいけません。この実務経験がなければ受験資格を得ることができないため、誰でも資格試験を受けられるというわけではありません。実際に公認会計士へ転職する人には、会計に関わる仕事に就いている人が多いです。今後のスキルアップのために、実務経験を最初から積んでいる人も少なくないのです。公認会計士の資格試験は年に1回行われ、その難易度は受験者数に対して約10%となっています。非常に難しい試験ではありますが、それだけ公認会計士の存在は社会で認められた職業でもあります。資格試験の内容は筆記試験で、第一段階で合格すれば実務経験を2年以上積み、次に修了考査である筆記試験を受けることになります。これに合格すれば、ようやく公認会計士としての資格が取得できます。転職を検討するときは、資格取得までの段階を踏んでいかなければならないのです。公認会計士へ転職すると、その仕事先は多くは監査法人へ、そしてコンサルティングや税務に関する仕事もできます。公認会計士の役割は企業の監査をすることであり、ここ数年でその需要が増加しています。その理由は、上場企業の増加や監査体制の厳しさなどがあり、今後もますます人材が必要とされています。公認会計士になるためには、まずは数字に強い傾向が必要であり、こまかく正確さを追求できる姿勢が大事です。また、資格取得は必須となるので、合格に向けて専門の学習が欠かせなくなります。公認会計士に向けた講座なども行われているので、それを利用しながら知識を習得していく方法もあります。

作業員

演劇や映画の世界で活躍

大道具は、演劇・映画・テレビ番組などのセットを作る仕事です。専門の美術制作会社や、劇場・テレビ局の美術セクションなどに在籍し、主として肉体作業に従事します。大工としてのスキルや描画能力などが求められるため、求人は経験者が優遇される傾向にありますが、未経験者がアルバイトで採用されることもあります。

レジスター

やりがいのある職場です

第一線で活躍しているディスカウントストアがドンキです。給与が高いことで就職先として選ばれることも多くなっています。アルバイトや中途採用などを問わず、ネット上に求人情報が出ており、先輩からのメッセージもあるので、それをチェックしてみましょう。

男女

建設現場での求人

建設現場で安全管理や品質管理を行う施工管理には、責任感や順応性が求められます。採用されるためには、工事にまつわる資格を持っておくと有利です。技術と経験が必要となる仕事ですが、未経験者を募集している会社もあるので、自分の能力に適した会社に応募しましょう。